TRUSTe
Skype
お問合せ・資料請求 −お気軽にご相談ください
ハワイの国際結婚情報会社 マリッジ・イントロダクションズ・ハワイ
MIH会員データ
MIHの幸せ国際カップル
お客様の体験談
 
フレッシュマン −ハワイ在住アメリカ人男性会員のご紹介
ハワイの男性会員紹介
恋愛相談・国際結婚相談
恋愛相談・国際結婚相談
MIHからのハワイ情報コーナー −国際結婚・ハワイのブログ
国際結婚・ハワイのブログ
MIH掲載記事 −MIHが紹介されています
MIHが紹介されています

ブラッシュアップレッスン
国際結婚&恋愛ワンポイントアドバイス
エゴグラム −本当のあなたを知って、本物の出会いを
 
ホーム
 

 
MIHスタッフが綴る国際結婚紹介所奮闘記
MIHスタッフがお届けするハワイ通信
ハワイ勝ち組アメリカ人男性直撃インタビュー
18歳未満の方は当社サービスをご利用いただけません

HOME > 国際結婚&恋愛ワンポイントアドバイス > 「卒業論文」国際結婚の現状と問題点


MIH掲載記事

 

『卒業論文』

論文テーマ・・・国際結婚の現状と問題点?!

専攻:比較文化論


この時期になるとワイキキを含めハワイ・オアフ島の各観光地で学生らしき旅行者をたくさん見かけます。社会人になるとなかなか休みが取れなくなるから卒業旅行にはみんな意気込みがいっぱい。「学生生活のフィナーレ」を飾る思い出作りの卒業旅行はやはり2月から3月がピークのようです。 しかし・・・・


卒業旅行に行くためにはひとつ片付けなければいけない大きな課題。


そう、『論文』です。


夏の日差しが落ち着きはじめた9月、マリッジ・イントロダクションズ・ハワイの社長宛に1本の電話が・・・・


『日本とハワイの交流プログラムの架け橋をする団体に所属しているマイクといいますが、今回日本の某有名大学のハワイ企業訪問をコーディネートする事になりました。計6名の学生グループが近々ハワイに到着するのですが、実はこの学生グループが是非御社を企業訪問したいと強く要望しているんです。何とかお願いできないでしょうか?』 

いざハワイ企業訪問の依頼を受け入れるか否か・・・

加藤さん

その後正式に送られてきたハワイ企業訪問依頼のメールを読んだ第一印象は『なぜ現代の日本人女性が国際結婚を望むようになったのかを知りたい、そして様々な問題点があるようだけれども、現地ハワイで業務に携わっている人から直接生の声を聞いて実際の現状を理解したい。』という学生グループのひしひしと伝わってくる熱意でした。

また添付されていた学生グループのリーダー加藤さん(仮名)のリポートには、日本在住の学生の視点から見た国際結婚の現状と、それに関連して起こりえる問題点が彼女なりに分析され提示されていた。『ハワイでの出会い、そして国際結婚にまつわる数々のステレオタイプ』がある中で、学生の方が提示した疑問点・問題点は、確かに興味深いトピックではある。しかし彼女たちの見解と現場ハワイでの国際結婚に関する現状の把握にかなりギャップがある事もわかった。当社としては今回のハワイ企業訪問を通して、ハワイの国際結婚にまつわる実際の現状を正確に把握していただければ、そう考えて・・・

『喜んで学生グループの皆様にお会いさせていただきます。』と、当社社長はハワイ企業訪問を了承!

ハワイ企業訪問依頼のメールに添付されていた加藤さんのリポートの全文はこちら


・・・といういきさつでマリッジ・イントロダクションズ・ハワイでは某名門私立大学で比較文化論を専攻されている生徒さんたち6人の企業訪問を受けることになりました。

『現状を把握したい、疑問点に関して是非現地ハワイで企業を訪問し、現場の見解を聞かせてほしい!』という学生グループの期待はとても大きい。実りあるハワイ企業訪問となるように、受け入れ企業としても熱が入る。そこで『今回の企業訪問の趣旨=日本人女性が欧米人男性との国際結婚を望んでいる現状』を、よりわかりやすく説明するために学生グループがどのような質問を用意しているのかを問い合わせたところ、以下の質問事項が事前にメールにて送られてきました。



【以下質問事項】

日本人女性は『米国人男性は広い考え方・価値観・結婚観を持っている』というステレオタイプ的な感覚を持っている。
外国人男性の中には『ゲイシャ・ガール』のように『日本人女性には尽くしてもらえる』というステレオタイプ的な感覚を未だ持っている人が多い。
ハワイは日本人にとって住みやすいという感覚があるが、ハワイも犯罪率の高いアメリカの一部である事を忘れてはいけない。
『ハワイに住みたい』から手っ取り早い手段として『国際結婚』を望んでいるのであれば、それは間違っているのではないか。(永住権の獲得)
企業は結婚をビジネス商品として、「ハワイでの永住権の獲得」・「セレブ婚を促す宣伝」・「ハーフの子供だ持てるという誘文句」などは不謹慎である。
 様々な自身の欲がある中で、他力本願的に国際結婚にその解決を依存するのは、逆に視野の拡大というグローバル化時代を後退しているのではないか?(ハワイに住みたいなど)

そして迎えた企業訪問当日・・・・

当社オフィスのあるハワイ、ワイキキトレードセンターの7階会議室にて、当社社長の挨拶の後、6人の生徒さんの自己紹介・・・。和やかな雰囲気でスタートしました。



MIH:
 卒論に『国際結婚の現状と問題点』というテーマで論文を書こうと思ったきっかけは?

学生グループ: あるテレビ番組で取り上げられた、『急増!楽園で結婚したい女性たち』という密着取材コーナーを見たことがきっかけでした。説明が続く・・・

要約すると・・・ その後総勢6人の某有名私立大学学生生グループが企画を考えていく中で、是非実際にハワイの国際結婚相談所に企業訪問をして、国際結婚相談所の実情、生の声、裏話が聞きたいと思われたようです。そして複数の国際結婚相談所をリサーチした結果、訪問企業として選んだのはマリッジ・イントロダクションズ・ハワイ。

MIH: 訪問企業として当社を選んだそのいきさつ・理由はというと?

要約すると・・・ グループのリーダーであった加藤さんいわく、MIHのWebサイトを見た時の第一印象。中でも以下の5点が他のハワイの国際結婚相談所の追随を許さなかったポイントだったようです。

  1. 他のハワイ国際結婚相談所と比べ、MIHのWebサイト内の情報量が断然多かった
  2. 会社独自のリサーチによる様々な角度での豊富なデータで信用度がアップした
  3. データ結果だけを記載している会社はあるが、その明確な裏づけまでもが記載されている
  4. 実際に登録されている会員を対象にした様々なインタビューがサイト上に掲載されていた
  5. 実際に登録をされている男性会員がWebサイト上に紹介されていた

やはり、今回の論文の完成度を高くするために欠かせない『豊富なデータ』と『その明確な裏づけ』を、マリッジ・イントロダクションズ・ハワイは持っているということが、学生グループの信頼を得た決め手でした。はるばる日本からハワイを訪れる某有名私立大学の学生グループが、ハワイ滞在中に訪問を希望する企業はマリッジ・イントロダクションズ・ハワイのみだという。当社に送られてきたハワイ企業訪問依頼のメールからも、学生グループの当社への期待が伝わってきていましたが、直接は会ってみると圧倒される勢い!

早速21世紀の日本人女性の結婚観に関して説明。その後本題に入っていきました。

 21世紀の日本人女性の結婚観とは?

21世紀の日本人女性の結婚観を理解する事により、『なぜ現代の日本人女性が欧米人男性との国際結婚を望むようになったのか?』という点が明らかになってきます。

21世紀の国際化時代、現代の女性は、一世代前までとは全く異なった『結婚観』を持っています。国際結婚の急増理由としては出会いが多様化し、日本女性も積極的に海外に進出するようになり、妻を『良き妻』としてだけでなく『人生のパートナー』とも考える外国人男性の存在に気づき始めた結果、国際結婚を希望する女性が増えたこと。また現代女性は昔の女性とは異なり結婚適齢期に左右され妥協をしてまで結婚をしなくなったことです。また結婚を『ゴール』として考えるのではなく、『スタート』を考える女性が増えたということもあげられます。その上現代は結婚観の多様化に伴い、結婚に大切なのは国籍・人種ではなく価値観であると考える女性が急増、その上日本人男性の古い価値観への反発が伴い国際結婚が急増しました。

また現代の日本人女性は、社会的な感覚の変化に伴い、学校を卒業後も男性と同じ土俵に立ってキャリアを積むことを目標に一所懸命生きています。20代後半になると、次第にキャリアも面白くなってくるものです。けれど社会的にその年代で独身であるということがマイナスになりはじめ、私生活に関して焦りが出てくるのもこの頃です。だからといってキャリアにおいて一線を退きたくない、結果30代に入ってくると、自分が満足のいく条件の男性との出会いが無いうえ、経済的にも安定している女性が今の生活レベルを下げてまで結婚をするということに対し躊躇をし始めます。そしてこの現状の中で、先ほどのような現代の『結婚観』・『価値観』を分かち合える男性との出会いを求め始めているのです。

日本人女性が海外の『結婚観』の多様化を目の当たりにして、国籍や人種を超え、現代の価値観を分かち合え、対等な関係を追及できるパートナーをグローバルに求めるようになりました。その結果21世紀の日本人女性が国際結婚を望む現象がおき、そしてその受け皿となるMIHのようなプロの国際結婚相談所を利用する女性が出始めたのではないでしょうか。

  
当社Webサイト21世紀の結婚観の特徴をご参照ください。
 


必見! 学生グループが国際結婚の現状に物申す。21世紀の結婚相談所を大解剖!!!


続きはこちらをクリック



 

ページのトップへ戻る

HOME >国際結婚&恋愛ワンポイントアドバイス > 「卒業論文」国際結婚の現状と問題点


 
 
MIHは会員の皆様の個人情報の保護、秘密厳守が重要なことと認識しています。 | 個人情報の保護 | 採用情報 | サイトマップ |
Copyright© RKM International, Ltd. All Rights Reserved. メンバーズONLY ホーム