TRUSTe
Skype
お問合せ・資料請求 −お気軽にご相談ください
ハワイの国際結婚情報会社 マリッジ・イントロダクションズ・ハワイ
MIH会員データ
MIHの幸せ国際カップル
お客様の体験談
 
フレッシュマン −ハワイ在住アメリカ人男性会員のご紹介
ハワイの男性会員紹介
恋愛相談・国際結婚相談
恋愛相談・国際結婚相談
MIHからのハワイ情報コーナー −国際結婚・ハワイのブログ
国際結婚・ハワイのブログ
MIH掲載記事 −MIHが紹介されています
MIHが紹介されています

ブラッシュアップレッスン
国際結婚&恋愛ワンポイントアドバイス
エゴグラム −本当のあなたを知って、本物の出会いを
 
ホーム
 

 
MIHスタッフが綴る国際結婚紹介所奮闘記
MIHスタッフがお届けするハワイ通信
ハワイ勝ち組アメリカ人男性直撃インタビュー
18歳未満の方は当社サービスをご利用いただけません

HOME > MIHの幸せ国際カップル > ゆきさん


MIHの幸せ国際カップル

ゆきさん (1975年2月生)


自分でパートナー(結婚相手)を探すことは本当に難しいです。ハワイで国際結婚を考えたなら、まずは「信頼できる結婚相談所」に入会してみることだと思います。自分の希望条件をもとに色々とリサーチもしてくれるし、相談にも乗ってくれるし、結婚までの道のりが絶対短くなりますから。そしてとにかくハワイに乗り込んで実際に男性に会うことです。そうすれば私のように運命は必ず変わりますよ!


Q.どうして結婚相談所に登録しようと思ったのですか?

A.日本でお付き合いしている男性がいたのですが、考え方がだんだん合わなくなっていたのです。日本の男性は、1番に仕事、2番に友達、そして3番目にやっと彼女というタイプが多いと思うんですが、そういう考え方がいやっだったんです。それに、最初は高いレストランとかに連れて行ってくれるのですが、付き合いが長くなるにつれて、安い居酒屋になってくる人が多くて、だったら最初から居酒屋に行くような男性がいいと思っていました。


そんなことから、彼と別れてリフレッシュしようと、ハワイに3ヶ月滞在して語学学校に通い始めたら、ハワイの人たちや気候がすごく好きになり、ハワイで住みたいと思いました。また偶然仲良くなった友人が、通っていた語学学校の先生の恋人で、後々結婚したのですが、その関係を見て、ハワイでの国際結婚に憧れるようになったんです。


日本に戻って、自分がいたいと思う場所(ハワイ)に住みたいと思って、ハワイでの国際結婚を実現するために婚活を頑張ろうと、ウェブや新聞などで調べるうちに結婚相談所の存在を知り、大変興味が湧きました。


Q.なぜMIHを選んだのですか?

A. 国際結婚を望むきっかけとなったハワイの語学学校とMIHが同じビルにあったことで、何かしらの縁を感じました。また海外(ハワイ)の結婚相談所ということで不安が大きかったのですが、MIHは現地ハワイの新聞にも広告がたくさん載っていたので、これなら安心できると思いました。もちろんいろいろ調べてみたのですが、日本の結婚相談所で外国人を探すより、ハワイにあるMIHに登録したほうが費用が安かったので、MIHに問い合わせました。


Q.国際結婚に関して不安や迷いはありませんでしたか?

A.日本で日本人男性と付き合っていても、性格や価値観は違うし、100%合う人というのはいないと思っていましたから、国際結婚だから。。。という不安はありませんでした。でも、言葉だけは少し不安でしたね。


Q.第一印象ですぐに、この人!と感じましたか?

A. 初めて会った瞬間、全くタイプじゃない!と思いました(笑)。MIHに入会して、初めて紹介された方だったので、いろんな事を想像しながら会いに行ったのですが、想像と違ったというのが一番大きかったです。


初めて会った瞬間は、本当に緊張していたのですが、彼の車に乗った瞬間に、なぜかすごくリラックスできたんです。言葉は全然通じなかったのですが、それでどうしようって思うこともなく、すごい自然体で、ほっとした安心感がありました。


言葉が通じてないけど、通じているというんでしょうか。初めて会った感じが全然しないんです。ときめきとかは全くないんですが、不思議とスピリチュアルな縁を感じたんです。それで彼をもっと知りたいと思って、1回目のデートで私から次のデートに誘いました。彼が好きかどうか分からなかったんですが、私がハイキングが好きなのでハイキングに行かないと誘ってみたら、彼もいいよって言ってくれたんです。


Q.デートする相手」から「恋人」への発展はどのような感じで進みましたか?

A. 2回目のデートのハイキングで、彼は私の分のトレーナーやズボンなど1式用意してくれていて、なんか、すご〜く感動しましたね。そしてハイキングの最中、常に手を引いてくれたりサポートしてくれましたから、この人と一緒にいると安心だなあと感じました。


そこで運命の電話があったんです。実はその日午後から、2人目の方とのデートが入っていたのですが、その方から食中毒のため、デートをキャンセルして欲しいという電話だったのです。私もハイキングがすごく楽しかったので、このままこの人といたいなと思っていたけれど、次のデートが気になってデートに集中できていなかった、そんな時のキャンセルの電話だったので、「もしかしたら、この人と。。。。運命の人かも?」なんて思いました。


でもその時、彼の気持が全然分からなかったので、私の勝手な妄想ですけどね(笑)。実際2人目に会う予定になってた人は、日本語がとても上手で、キャンセルになったことも本当に申し訳なさそうにされていた優しい方だったのですが、このデートのキャンセルが入ったとき、「ふっと力が抜けて、この人はもしかしたら。。。自分の恋人に。。。」と思ったんです。


Q.付き合っていく中で「結婚」をお互いに意識し始めたきっかけや出来事は?プロポーズはいつ?

A.ハイキングの後、ランチを食べて、お互いの趣味が自転車だという話になったのです。それで、そのまま彼と自転車屋さんに行き、彼が私に自転車を買ってくれたんです!自転車を車に載せて、そのままアラモアナに移動し、すご〜くロマンテックなサンセットを見ながらビーチを散歩している時、彼が草を拾って遊んでいたのですが、その草を突然私の左手の指に巻きつけ、“Will you marry me?”と言われました。ああ、彼も私のことを結婚相手と見てくれていたんだと思ってすごく嬉しかったです。


私は勿論迷わず、”Yes, I do“といいました。ちょっと、文法的には間違っていましたが(笑)、とにかく返事は即答しました。実は私には夢があって、友達にも昔から言ってたんですが、付き合って3日以内にプロポーズされるのが夢だったんです!彼と初めて出会ったのが金曜日、そして2回目のデートが日曜日だったので、まさしく夢が現実になって、やっぱりこの人だったんだ!とビビッと来ましたね。

Q.日本に帰るまでの彼との関係はどうでしたか?

A.日本に帰るまで2ヶ月弱あったのですが、プロポーズの後すぐに彼の家で一緒に住むようになり、日本に帰るまでずっと一緒に生活しました。その中で喧嘩もたくさんありました。結婚なんてイヤだと思ったこともありました。一緒に暮らす中で、彼の嫌な面も見えてきたけれど、それ以上にいいところがたくさんあったから、やっぱりこの人だと思いました。彼は私のワガママを真正面からきちんと受け止めてくれて、君の悪いところはここだよと指摘してくれるのです。それが、悔しいけれど、嬉しいところです。


実はうれしい驚きがあったんですよ。彼が自分の会社の同僚と家族の写真などを見せてくれたとき、その写真の中に私の友人の写真を見つけたのです。その女性はもともと私が10年前にハワイの英会話学校に行ったとき、英会話学校の先生と結婚した女性だったんです。彼女の写真を彼の家で見つけてびっくりしました。彼は当時私の英語の先生でしたが、今はなんと彼の会社の同僚なのです。本当になんと素晴らしい偶然なのでしょうか!彼もそのことがわかってからはよりハッピーでした。これも私たちの運命なのだ〜と、つくづく思いました。

Q.ハワイから日本に帰って、その後はどのようにご主人と連絡を取っていましたか?

A.帰ってすぐはスカイプやスカイプチャット、電話などで連絡を取り合っていました。英語が出来ない私にとって、スカイプチャットは単語がわからなくてなかなか会話が続きませんでした。そして、一度スカイプチャットで、私が間違った単語を気づかずに使ってしまったことで、彼が誤解してしまい、すごく怒ったことがあったんです。


それからは、スカイプチャット止めて、Eメールだけで連絡を取ることにしました。メールのほうが、ゆっくり辞書をひきながら、文章を作ることができるというメリットもありましたから。そして、毎日どんなに短くても、必ず返事を出すように心がけました。彼は毎日メールを送ってくれましたね。今日どんなことをしたとか、どこへ行ったとか教えてくれて、毎回写真も送ってくれたので全然寂しくはなかったです。

Q.出会いから結婚まで、ハワイに何回いきましたか?彼は何回日本に行きましたか?

A.5月23日にハワイから日本に戻ってきて、最初は彼が6月に日本に来ることになっていたのですが、私の家族の都合で9月に変更になり、9月24日から29日まで日本に来てくれました。滞在3日目に、私の両親に挨拶するために家に来てくれたんです。事前に彼から日本語でどのように挨拶すればいいのか聞かれていたので、ローマ字で書いたものを彼に渡していました。


当日彼は、両親の前で前もって暗記していた日本語で「ゆきさんとけっこんさせてください」といってくれて。。。一瞬沈黙があったのですが、父が「よろしくお願いします」と答えて、挨拶はうまくいきました。人事の仕事で面接に慣れていた父が、彼をすごく気に入ってくれたことがすごく嬉しかったですね。


それと両親から彼に2つのお願いがあって、一つは1年に1回の里帰りを許して欲しいこと。そして2つめは自分たちに何かあった時に飼っている犬を引き取って欲しいことでした。その二つを彼は快く承諾してくれたのですが、特に誰にもなつかない我が家の犬が、私をそっちのけで彼にまとわりついてたのを見て、両親も安心したようでした。


後で母から聞いたのですが、父はちゃんと彼のお箸の持ち方や、料理の取り方などにも見ていたようです。父いわく、彼の料理の取り方が、お箸を反対にして、自分用の料理を取りざらにとっていた。アメリカ人なのにちゃんとしたマナーを持っている男性ということで、父は大変関心していたそうです。もともと企業の人事を長く担当していた父です。人を見る目は本当に確かです。その父からとても気に入られたので安心しました。


Q.やはり、お付き合いの段階では、お互い遠距離というのがとても二人の間で、どんな形でその遠距離の関係を保ち続けたのでしょうか?秘訣があれば教えてください。

A.初めて会ってから、ハワイで2ヶ月間、お互い全てをさらけ出して一緒に暮らしていたので、遠距離になっても特に不安は感じませんでした。日本に居る間はまるで日課のようにメールを毎日していましたし。短くてもいいから毎日メールしてたことがよかったですね。最初の2ヶ月で二人の絆ができていたので、特に不安もありませんでした。


Q.彼と交際中、彼に一番喜ばれた言葉、行動みたいなことはありますか?

A.朝おきたら、何も言われなくても最初に彼の犬にえさをあげる。これはとても彼に喜ばれました。あと彼が運転中に、私は絶えず彼のほうに顔を向けています。特に話かけなくても、ず〜っと彼のほうに注意がいくようにしていますね。あと私はすごく好奇心旺盛で、何でもやってみたいほうなんです。それで彼と一緒に何でもアクティブティをトライすることは彼も喜んでくれています。それ以外は、特に思い浮かびません。いつも迷惑ばかりかけているし、わがままな私ですから。


Q.付き合っていく段階で、色々と不安になったときがあると思いますが、そんな時どんなことを具体的にして、その不安を解消しましたか?

A.どんなこともでも相手に伝えることで、お互い話し合って不安を解消してきました。たとえば、いやなことは、しっかりいやと彼に伝えます。それも自分の中で大きくなるまで溜めるのではなく、問題が小さいうちに話すことで彼もすぐに対処しやすいと思います。彼はちゃんとそれを真正面から受け止めてくれ、私の気持ちも理解してくれました。こうしたことは、とても大切だと思います。


Q.ゆきさんにとって今にいたるまでハードル、つらい思いはありましたか?あったら、どのように乗り越えましたか?

A.私は実際ハワイに来て、彼を紹介してもらってからより、ハワイに来るまでが本当に辛い時期だったかもしれません。2007年2月にMIHに入会してから、一日も早くハワイに来たいとは思っていましたが、仕事のことや、家族のことなどで、入会してすぐにはハワイにこれませんでしたから。


そして日本にいる間、なんとか出会いがあればと思ってメール交換をしてみましたが、そもそも、自分の英語力が足りないのか、自分が送った写真も悪いのかもしれませんが、どなたとも、うまくメール交換はつづきませんでした。なかなか返事が来なくて凹みましたが、MIHのスタッフにはずいぶん色々な相談にメールで乗ってくれたので心強かったです。


なかなかハワイに行くことができない焦りもありましたが、あきらめたくはありませんでしたから。でもその都度MIHに相談して、行ってみなければ分からない、ハワイにできるだけ早く行きたいという思いをいつも強く持っていました。そして日本で仕事を辞めて、やっと2009年4月にハワイに来れて、一人目で彼に会うことが出来ました。


Q.言葉のギャップで悩む日本女性は多いと思いますが、そんな女性へのアドバイスはありますか?

A.話せないから黙り込むのではなく、どんどん話しかけたほうがいいと思います。なかなか話題に困ると思うのですが、何でもいいから自分の分かる話題を自分から話し始めていけばいいじゃないでしょうか。その話題だと自分もアピールできますしね。変にかっこつけたり、構えたり、こう思われるんじゃないかななど計算したりする必要は全然ないと思います。伝えようという気持があれば、単語を並べるだけでも、きっと伝わると思います。そして、相手の言ってる事が分からなかったら、悪びれず素直に正直に伝えることは大切だと思います。


Q.現在活動中の会員様への成功の秘訣などアドバイスを一言。

A.とにかく1回会って、タイプじゃないなと思っても2回、3回は会ってみる事をお勧めします。そして自分からどんどん誘ってみたらいいと思います。2回目、3回目と会う中で、お互いの共通点も見えてくるし、お互いどんどん理解し合えていけると思います。失うものは何もないので怖がらず、とにかく自分自身がオープンになって、かっこつけず積極的になって自分から誘ってみるといいですね。私の場合も、2回目のデートのハイキングは、自分から誘いました。女性もどんどん積極的に誘ってもいいと思います。そこで相手に断れたら、そこで次の人に切り替えていけばいいんだと思いますよ。

Q.今後の国際結婚をめざしている、女性にアドバイスはありますか?

A.諦めないで、とりあえずやってみること!自分の足でハワイに乗り込んでくること!、それが一番です。日本でいろいろ悩んでいないで、ハワイに来て男性に会ってみる。それからしか何も始まらないと思います。

Q.MIHよりさせて頂いたアドバイスで心に残ったことはありますか?

A.活動中凹んだ事があっても、いつも「心配しなくて大丈夫よ」、といった安心感をもらい、本当に元気づけられました。またどうしたらいいか分からなくて、アドバイスをお願いしたとき、「〜してはだめですよ」みたいに、決して意見をおしつけけるのではなくて「〜した方がいいかもしれませんよ」とか「〜してみたらいかがですか」というアドバイスの仕方だったので、MIHからのアドバイスを受け入れやすかったです。



Q.価値観、文化、習慣も違う二人が結びつく国際結婚です。結婚後は家族とのかかわりが特に難しいと思われがちですが、どのように解消していますか?

A.育った環境も何もかも違う二人ですから、当然問題はたくさんあります。でも、その一つ一つを溜めないで彼に伝えて、それに対して彼が受け止めて、二人で話し合って解決することで乗り越えていっています。たとえば家族のことも色々ありますが、(彼のお母様とおじ様が一緒に住んでいるので、食事の用意は誰がするのかとか。。こうした日常なことなど)真正面から向かい合って話しをしています。


Q.ご結婚をされ、ハワイに住み始めて、実際の生活は思っていたとおりでしたか?

A.結婚する前も2ヶ月ハワイで彼と一緒に住んでいたんですが、その時はワクワク、幸せ、楽しい〜だけで生活出来ていたんですが、結婚して実際に生活に住むと、私がこのハワイの生活・習慣に合わしていかなくちゃいけませんよね。今は彼にすべてを頼らないと生活できないけれど、これからは自分で自立して生活していくために、運転免許や仕事やいろんな事に対してしなければいけないことが見えてきました。自分への挑戦ですね。これは結婚しないと見えなかった課題です。


Q.今後の二人の目標、ゴールがあれば、教えていただけますか?

A.早く子供がほしいです。まず家族の基盤をつくるというのが二人の第一目標なので。そして次に自分自身が自立したいです。具体的には運転免許をとって、自分なりに色々と仕事や家族の役にたつようなことをしたいです。そしてお互いが自立した上で、家族の時間を楽しんで生きたいと思います。


Q.結婚相談所を使った感想はどうですか?

A.結婚相談所を使わないで、自分で将来のパートナーを探すことは本当に難しいです。結婚相談所を使ったら、自分の希望条件をもとに色々とリサーチもしてくれるし、相談にも乗ってくれるし、結婚までの道のりが短くなります。だからこそ、絶対に利用するべきだと思います。


Q.彼になんて言いたいですか?

A.いつもわがままな私にちゃんと向き合って話してくれて、ありのままの私をそっくり受けれいてくれて本当にありがとうといいたいです。これから二人で頑張っていこうね。いろんなことがあるのは当たり前だから、何かあったら最初の気持を忘れずにいようね。

 



インタビューを終えて・・・

◆ゆきさんが成功した理由◆ MIHで成功する人の行動学より

  • オープンマインドで固定観念がないこと
  • 受身だけではなくいい意味でアグレッシブな人
  • Give up しない人
  • ポジティブな気持ちでデートを楽しむ人


初めて出会った男性から3日目にプロポーズ!
憧れの国際結婚の夢をついに実現した運命の出会い。。。

Yukiさんは明るく、チャーミング。
常に笑顔を絶やさず、とってもキュートな女性。

しかし、実際インタビューが始まると、言葉の端々に前向きで、芯が強く、どんなことにも積極的に取り組んでいく姿勢を感じ、彼女のこんなところに彼は惹かれたのでは?と思いました。Yukiさんは語学留学で訪れたハワイを気に入り、ここで暮らしたい、国際結婚してハワイに住みたいと思ったことをきっかけに婚活をスタート。実際ハワイにくるまで、長い時間が掛かりましたが、焦りながらも決して目標を諦めることなく、ハワイでの長期滞在に向けて着々と準備を進めてきたのです。

そして入会から2年後、念願のハワイでの初デート。
男性との出会いを大切に、彼女は自分から2回目のデートに誘ったのです。そしてまるで運命のいたずら?。。。ように、2人目に会う予定だった男性からのデートキャンセル。その後Toshio君と順調にデートを重ね、出会って3日目で彼から運命のプロポーズ!

彼女は友達に、「絶対男性とめぐり合って三日間以内に恋に落ちてプロポーズをされたい!」といっていたそうですが、夢が現実に。聞いている私たちも信じられないほど、とんとん拍子に結婚へと進んでいく話を聞きながら、これは偶然ではなく、どんなことでも前向きに取り組む彼女だからこそ、順調に結婚にいたったのでは。。。と実感しました。

Yukiさんは彼からのプロポーズの後、2ヶ月の同棲生活をスタート。
その間、時にけんかをすることもあったそうです。そんな時、どんなことでも自分の中で大きくなるまで溜めるのではなく、問題が小さいうちに彼に話すことで、彼と向き合い、話し合い、不安と問題を解消してきた彼女。素晴らしいですね!

出会ったばかりの二人の関係は、ほんの一瞬で壊れてしまうほどもろいものです。それを強く確かなものにしていくのは、二人の努力なのですね。これからハワイで自分の足で歩いていくために、いくつかの課題を挙げていた彼女ですが、いつも前向きな彼女ですから、一つずつ乗り越えていくことでしょう。そして、彼女はこれから新たな目標に向かってスタートを切ったのですが、ご主人であるToshio君に、絶えず感謝の気持ちを忘れない彼女は、きっと結婚の勝ち組になることは間違いなし!インタビューの際にみせるYukiさんの表情は、本当に美しく自信に満ち溢れているのがとても印象的でした。

婚活を続けていくうちに悩んでしまったり、諦めたくなってしまう状況ってよくありますが、その時に逃げ出してしまったり、誰かのせいにしたり、言い訳してみたりする事は簡単ですが、彼女のようにどんな時も、真正面から取り組めば、きっとゴールは見えてくるのではないでしょうか。

夢を実現した彼女の言葉・・・

「自分でパートナー(結婚相手)を探すことは本当に難しいです。ハワイで国際結婚を考えたなら、まずは「信頼できる結婚相談所」に入会してみることだと思います。自分の希望条件をもとに色々とリサーチもしてくれるし、相談にも乗ってくれるし、結婚までの道のりが絶対短くなりますから。そしてとにかくハワイに乗り込んで実際に男性に会うことです。そうすれば私のように運命は必ず変わりますよ!」

まさに自分の幸せは自分でつかむもの!

ハワイで運命のパートナーとの出会いたいと婚活中の皆さん。
婚活は諦めないことが大切です!
皆さんも、Yukiさんのように、とにかくハワイに来て男性に会ってみてください。
きっとあなたの運命が変わるはずです。。。


私達は自分の幸せを自分で掴みたいというあなたを応援します!

 

MIHマネージャー
Katsumi Scull

 

   

 

メッセージ

今回のインタビューで、ゆきさんには婚活中の心理、本音を大変詳しく、そして正直に答えていただけたことに大変感謝しております。私は16年間結婚相談業に携わり、大変多くのアメリカ人男性と様々なお話をさせていただいたり、多々アメリカ人男性の本音トークをインタビューしたこともございます。その経験から申し上げるならば、ご自身の限られた出会いの中から、結婚を考えている男性で、自分の希望を満たしている男性との出会いを自分で見つけるのは本当に難しいことだと思います。


ハワイで国際結婚を考えた未来のパートナーと真剣に出会いたいと思われたならば、まず第一に可能な限り出会いを広げること、そして第二に結婚を考えている男性との出会いを広げることが大切です。なぜならば男性と女性は結婚に対しての考えが若干異なるからです。女性の多くは男性を好きになりその延長線上に結婚があるのですが、男性の多くは結婚を考えているときに知り合った女性と結婚をするのがほとんどだからです。そのため、どんなに異性(外国人)と知り合ってもその男性が結婚を考えていなかったならば、無駄な時間を費やしてしまうことになってしまいます。


当社男性会員はゆきさんのご主人のトシオさんのように『結婚が目的』で登録されていますので、結婚を意識した出会いを真剣に求めていらっしゃいます。その上、高い料金をお支払いになられご入会していただいております。決して安い金額ではなく、 男女ともに高い料金をお支払いになられているからこそ、真剣にパートナーを見つけようという意欲の高い会員様が多いのだと思います。また高い料金を支払いうことができるわけですから、必然的に経済力のある男性が、会員として集まってくるということもいえるのではないでしょうか。


私たちは、会員様にただ単に男性をご紹介をするということのみを、フォーカスするのではなく、いかに『結婚という現実的な結果』に結びつくかでサービスをご提供させていただいておりますので、是非ご期待ください!

  Reiko Keifert
President

 

ページのトップへ戻る

HOME > MIHの幸せ国際カップル > ゆきさん

 
 
MIHは会員の皆様の個人情報の保護、秘密厳守が重要なことと認識しています。 | 個人情報の保護 | 採用情報 | サイトマップ |
Copyright© RKM International, Ltd. All Rights Reserved. メンバーズONLY ホーム